サブスクリプションをキャンセルした後に請求されたのはなぜですか?

ここでは、Vikiパスプランをキャンセルした後に請求された場合の一般的なシナリオをご紹介します。

Apple/Google Playの更新タイムライン

iOSまたはAndroidのVikiアプリを介して行われたサブスクリプションの場合、Apple/Google Playは、現在のサブスクリプション期間の終了前24時間以内にサブスクリプションの自動更新を開始します。

重要:次のサブスクリプション期間までに変更が有効になるように、現在のサブスクリプション期間が終了する24時間前までにサブスクリプション内容の変更またはキャンセルを行ってください。

現在のサイクル終了日の前にサブスクリプションをキャンセルすることで、いつでも自動更新を無効にすることができます。サブスクリプションサイクルの日付を確認したり、サブスクリプションをキャンセルするには、アプリの設定にある「Viki Pass」のセクションを参照するか、ここに記載されている手順に従ってください。


サブスクリプションのキャンセルが確認されませんでした。

サブスクリプションをキャンセルしたにもかかわらず、VikiやApple/Google Play/Rokuから確認メールが届かない場合は、キャンセルが正常に行われなかった可能性があります。こちらの記事を参考にして、再度サブスクリプションをキャンセルしてください。

また、「サブスクリプションと設定」ページでキャンセル状況を確認することもできます。

Cancel_confirm_message.png


複数のVikiサブスクリプション

Viki/Apple/Google Play/Rokuからキャンセルの確認を受け取ったにもかかわらず、銀行の明細書にまだ請求が表示されている場合は、別の有効なサブスクリプションがある可能性があります。詳細については、この記事を参照してください。


トライアルサブスクリプションなし

1つのクレジットカード/Apple ID/Google ID/Rokuアカウントにつき、トライアルは1回のみとなります。これには、同じ支払い情報を使って登録した他のVikiアカウントも含まれます。

以前にトライアルサブスクリプションを利用されていた場合、新しいVikiパスプランの購読料は購入の確認と同時にすぐに請求されます。その後キャンセルしても、請求を元に戻すことはできません。無料トライアル期間中の料金に関する詳細は、こちらをご覧ください。


USD 1の承認保留

最近、Vikiパスの無料トライアルに登録したり、請求/クレジットカード情報を更新した場合は、一時的に利用明細書にUSD 1.00の請求が表示される場合があります。

これは、Vikiパスプランのために提出された請求情報を確認するための承認保留です。この保留は即座に取り消され、Vikiが徴収することはありません。銀行によっては、この保留が完全に取り消されるまでに少し時間がかかる場合があり、アカウントから削除されるまで、最大で5日間保留されたままになる場合があります。数日以内にクレジットが戻ってこない場合は、銀行にお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?
876人中83人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。