仮想部分はどのように作成するのですか。

仮想部分はセグメントタイマー と字幕エディターに表示され、動画上で複数のユーザーが同時に作業することを可能にします。

仮想部分が作成されていない場合、 チャンネルマネージャーは 動画の仮想部分を作成できます。以下がその方法です。

注意:  既に 字幕/セグメントが動画用に作成されている場合は、仮想部分を調整しないことをおすすめします。これは、セグメントの途中で仮想部分が作成された場合、そのセグメントが表示されなくなるためです。 

ステップ1:セグメントタイマーの仮想部分作成ツールにアクセスしてください。左下隅にある「今すぐ追加」を選択してください。 

ステップ2: 音声、背景音楽(BGM)および画面上のテキストが存在しないセグメントを検索します。このような場面の変わり目である箇所がカットするのに最適であるためためです。仮想部分を 作成したい時間のタイムコード(形式:hh:mm:ss.ms)を入力し、「追加」をクリックしてください。

(*注:挿入したタイムスタンプは、 作成される部分の終了 時間を意味します。以下の例では、挿入されたのは第一部分の終了時間になります)。

 

ステップ3: すべてのタイムコードが挿入されたら、「保存」をクリックしてください。

ステップ4: 仮想部分が作成されました。:)

 

注意事項 

  • 仮想部分が既存のセグメント内に作成された場合、そのセグメントは字幕エディターに表示されません。
  • セグメント内で仮想部分が作成されたかどうかを確認するには、その部分の最後のセグメントを再生し、 'Tab'キーを押してください。セグメントが再生される場合は、仮想部分が正しく作成されたことを意味します。ビデオが引き続き再生される場合、仮想部分は既存のセグメント内に作成されたことを意味します。必要に応じて削除し、正しいタイムコードを再び追加してください。「保存」を押すことを忘れないでください。
  • タイムスタンプを書く際、最後の2桁の前に必ず小数点(またはピリオド)を追加してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
18人中17人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。